慰謝料には複数の種類がある

交通事故における慰謝料は、基本的に3つに分かれます。入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料です。死亡の時は遺族死亡慰謝料が支払われます。金額は家族を失った精神的苦痛と亡くなったことによる経済的損失を計算して決められます。

入通院慰謝料一般的なのが入通院慰謝料です。交通事故に遭って入院や通院に関する費用を補てんするための慰謝料です。ただし、無制限に入院や通院が出来るわけではなく怪我の程度によって入院期間や治療期間が定められています。医師の治療を受けることが条件となっているため、むち打ち治療を医師の治療なく、病院以外のマッサージで治療していた場合は医療機関にかかっていないため費用が支払われなくなる可能性があります。

行為障害慰謝料については、怪我が完治せず将来的に影響を与える怪我のことです。交通事故によって足の機能が著しく低下して松葉杖など補助用具がないと歩けなくなった、などもこれに適用されます。後遺障害慰謝料の支払いは、医師が作成した後遺障害診断書を発行してもらい、障害の投球認定を受けることが条件です。支払われる慰謝料は後遺障害の症状や、障害等級によって計算されます。どの慰謝料を受け取るにしても、弁護士と細かな相談が必要です。