慰謝料の相場とは

慰謝料の相場交通事故などは滅多に遭わないため、慰謝料の相場などが分からないのは当然です。被害者も疑問に思ったことなどは弁護士に質問や相談をしましょう。慰謝料の相場について、ほぼ決まっていますが自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがあります。

3つの基準の中で、被害者にとってプラスとなるのが弁護士基準です。自賠責基準は3つの中でもっとも金額が低いとされていて、任意保険基準は自賠責基準よりも高く弁護士基準より低い特徴があります。弁護士基準の慰謝料は過去の裁判の判例を基準にしたものです。計算だけではなく、過去に実際に支払われた金額が基準となっています。ただし、新しい判例が出るたびに書き換えられるので一定性がない特徴も持っています。

簡単に計算した場合、自賠責基準では4,200円×治療に要した日数となります。治療期間と実通院日数を比べて少ない方が採用されます。そのため、自賠責保険では40万円程度だった慰謝料が、同じ事故の弁護士基準で計算した場合は120万円になります。比べるまでもなく、どちらが良いかは一目瞭然です。同じ交通事故でこれだけ差が出るのです。そのため、弁護士に慰謝料を任せる場合は弁護士基準で出来ないかを相談しておくといいでしょう。

≪関連サイト≫交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所